ニョロニョロ ムーミンのキャラクター

ニョロニョロ

ニョロニョロ

白い靴下を逆さにしたような形のニョロニョロ。ムーミン谷や森の中に現れるそのユニークな風貌は独特の存在感を物語りに与えています。

ニョロニョロは、小さい白いお化け。ものを言わず感情のない生物ですが、手を振ったりお辞儀をしたりしてコミュニケーションをとります。

雷がエネルギー源なので、雷を求めて孤島を回っています。
近づくと感電します。ニョロニョロのまわりはいつも、焦げたにおいがします。

ニョロニョロはフィンランド語で、優柔不断「ハッティ」と、放浪するという意味の「フィナット」が合わさった「ハッティフナット」という名前で登場します。