スナフキン ムーミンのキャラクター

スナフキン

フナフキン

自由と孤独と音楽を愛する旅人スナフキン。

スナフキンは、冬の来る前に南の国へ旅立ち、春にまたムーミン谷に戻ってきます。ムーミン一家とは仲良しですが、いつも川のほとりにテントを張ってそこで暮らしています。

まだ子供のムーミンとは対照的に知的な大人のイメージで描かれることが多いスナフキン。
ムーミンとは親友でとても頼りにされています。

スナフキンの父親はヨクサルで、母親はミムラ夫人です。スナフキンは、ミイやミムラ姉さんと異父兄弟なのです。

スナフキンの自由気ままな生き方は、忙しい大人たちの憧れです。スナフキン的生き方はスローライフの代名詞として使われ、ムーミンの登場キャラクターの中ではダントツの人気者です。